【ゴルフ】有料フィッティングの活用方法

有料フィッティングを試したことありますか?

ゴルフショップでは無料で試打ができ、自分の癖とかもわかります

たまには、メーカーが出張してきて無料でフィッティング会とかもしてくれます

では、有料フィッティングのメリットとはなんでしょうか?

目次

フィッティングの目的

フィッティングには大きく2つの目的があると言えます

  1. 自分に合ったクラブを探す
  2. 自分の癖を正しく知る

1は道具を新しく買おうとする人には、どの道具を選ぶかと言う点では特に重要です

2については、道具を買うかどうかは別に自分のヘッドスピードや打球の癖を知るのに非常に有効です

自分の癖とは

みなさんは、スイング時のヘッドスピードを気にしたことは一度はあると思います

フィッティングでは、ヘッドスピード以外にわかることがたくさんあります

私が実際に言ったミズノのフィッティングでは次のことがわかります

  1. ヘッドスピード・・・ヘッドの速さ
  2. スイングテンポ・・・トップでのシャフトのたわみ量
  3. トゥダウン・・・・・インパクト直前のヘッドの先方向のシャフトのたわみ量
  4. 前反り角・・・・・・インパクト時のシャフトが前方へたわむ量
  5. しなり係数・・・・・インパクト直前のシャフトのしなりの戻り速度
  6. インパクトライ角・・ヘッドと地面の接地角度
  7. シャフトリーン角・・ハンドファーストかハンドレイとか
  8. アタック角・・・・・ダウンブローかレベルブローか
  9. フェーストゥパス角・インパクト時のフェースがクローズかオープンか

これらからいろんなことがわかります

私は、ハンドファーストでコントタクトしているにも関わらず、ボールが高く上がる癖がありました

すると、しなり係数が異常に高いことがわかりました

しなり係数が高いとボールが高く上がりやすくなります

スイングの癖を科学的に解明する

これらのデータは数値化されているため、標準的な数値に対して自分のスイングがどうなのかと言うのが具体的にわかります

さらに、その数値が中央値からどれくらい離れているかによってより癖の強さを把握することができます

練習場で、なんとなくこんなボールが出るなぁとは思っても、なぜそれが出るのかと言うのはなかなかわかりにくいところですので、このデータは自分の持ち玉を正しく理解するのにもとても役に立つものです

フィッティングデータの活用方法

データの活用方法は2通りあると思います

  1. 道具があっているかいないかの判断材料にする
  2. 練習の参考にする

1については、道具が自分に合っていない場合、自分に合ったクラブに買い替えることができます

不思議なことに、自分に合ったクラブに変えたときには、クラブの重さの感じ方や、スイング時の違和感がなくなります

特に、シャフト、ライ角が自分に合えば、振りやすく、抜けのいいクラブになってくるはずです

2については、自分の弱点を把握することにより練習の参考にできると言うことです

どちらかというとクラブに自分を近づけるというイメージですね

私のおすすめは、道具を自分に合わせる

私のおすすめは断然に1番です

練習の参考にした場合、うまく改善できればいいですが、自分の癖を直すのは結構大変です

もし、根本から直さないといけない問題点がなければ、今のままの癖で道具を自分に合わせていくのが簡単です

もし、新しく道具は買えないよ って言う方がいても大丈夫です

自分に合うクラブのスペックはフィッティングでわかりますので、その道具の中古を探すと言うのも手です

当然中古なので、ピッタリのものがすぐに見つかるとは限りませんが、時間をかけて探せばきっと出てくるはずです

また、今自分が使っているクラブを下取りにして新たなクラブに変えると言うのであれば、新品でも安く買える可能性はあります

ちなみに私は、アイアンのフィッティングをしましたが、ボールを高くあげたくないのと、スライスがよく出る現状を、シャフトとライ角の調整で改善しました

有料フィッティングのメリット

有料フィッティングのメリットは、目的がフィッティングにあるところです

もしお店の試打コーナーやメーカーの無料フィッティングであれば、お店の目的は商品を売ることですので、大体のところでオススメ(売りたい)商品を勧められることがあります

しかし、有料フィッティングの場合は、目的がどの道具が合うのかを調べると言うところにあります。しかも有料ですので適当な仕事はできません。もし適当な仕事しかしないのであれば、そのフィッティングは商売として成り立たないはずです

有料フィッティングの場合、その延長線上で商品が売れればラッキーぐらいのものですので、最初から合う道具や、自分の癖を調べる目的で言っても嫌な顔はほとんどされません

有料フィッティングまとめ

  • 有料フィッティングの目的は自分に合う道具を探す もしくは自分の癖を知ること
  • 商品が売れなくても有料ですので お店もそんなに気にしない
  • 自分に気に入った道具が見つからない場合無理に買わなくても良い
  • 別にそのお店(メーカー)の商品でもなくても、中古品でも合うものがあれがそちらでいい

こんな感じになりますので、一度試してみてもいいかと思います

最後に、上手下手は関係なく、うまくなりたいと言う人をお店は応援してくれますので、遠慮せずに挑戦してみてください。数千円かかりますが、漠然と練習場で打つよりも自分の癖や持ち玉を知った上で練習に行けば、さらに練習の幅が広がると思います

ゴルフが好きの皆さんのスコアアップに少しでも役立てば幸いです

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゴルフ大好き47歳|ゴルフを本格的に始めたきっかけは、ラウンドに行った時のあまりの下手さに衝撃を受けて、ネットでゴルフスクールを探して習い始めました。熊本のブリヂストンゴルフアカデミーで基礎を習い、約3年かかって100ギリを達成。88のスコアを出しました。ブリヂストンのクラブを長年愛用してきましたがミズノのアイアンの打感に惹かれ、アイアンについてはMizuno Pro120を愛用。|趣味のフィッティングが高じてリシャフトが大好になる。三菱ケミカル・ムジークのシャフトを使い今はフジクラで落ち着いています。現在USTマミヤのシャフトに興味津々

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる