【初心者必見】スコアアップつながる ロストしにくいボールの色2選

ゴルフ場でナイスショットしたはずなのにボールが見つからない。OBになるはずじゃないボールなのにコース上になく見つからない。そんな経験ををした人はいませんか?

代表的なボールの色は、白、黄、オレンジですが、以外に落ち際が見にくいことがあります。ボールがコース上にあっても見つけられないとロストボールになってしまいます。

私は昔から珍しい綺麗な色のボールを見つけるとコースでよく使ってみましたの。おかげでどの色のボールがよく見えて、見えにくいのかという経験を積んできました。

ここでは、ボールの色やゴルフ場で見つけやすい色のボールについて紹介します。ボールの色を変えてみることで、コース上で無くす危険性が減り、結果的にスコアアップにつながると思います。特に初心者には、無くならないボールを使いスコアアップを目指すというのはボール選びの基準になると思います。

コース上で見つけやすい色のボールを使うことはスコアアップへのアプローチとしてとても有効です。

目次

ゴルフボールは白を使っている人がほとんど

ゴルフ場、特にパター練習場へ行ってみるとスタート前のプレーヤーがボールを数個ずつ持ってパター練習をしていると思います。このときにボールの色に注目してみてください。白を使っている人が多いことに気づくと思います。ついで、黄色が多いことに気づくと思います。オレンジがたまにいて、それ以外の色はあまり見かけないと思います。

白色のボールはゴルフボールの基本色であり、各メーカーが白のボールを作っています。カラーバリエーションのないボールは白色のみのラインナップになっているので白が多くなるのは当然の結果だと言えます。

コースで見つけやすい色は白よりも緑と赤

写真は冬でしたが、赤も緑も目立ちます 緑色は蛍光カラーに近い感じで見えました

では、実際にコースで白が一番見えるかといえば、もっと見やすい色があります。緑と赤です。緑なんて芝の色と同じで見にくいだろうと思う人の声がここまで聞こえてきそうですが、これが意外によく見えるのです。赤も同様で、例えばコース上にある赤杭は遠くからでもよく見えますよね。この色がボールだったらとよく見えると思いませんか?

一方で白もコース上ではよく見えます。ただし弱点があります。それは曇り空に同化してしまうということです。曇った日のショットではボールが空の色と同化してみにくくなることがあります。緑や赤は同化しにくく見失いにくい色なんです。

カラーボールのメリット

カラーボールを実際使用してみると次のようなメリットがあります。

  • 人のボールと間違いにくく、誤球防止になる
  • ボールを見つけやすくロストしにくい
  • 探す時間が短くなりスロープレー防止になる
  • 色がもつ真理効果を利用できる

人のボールと間違いにくく誤球防止になる

多くのゴルファーが白のボールを使っていますので、色のみで人のボールと間違う危険性が大きく減ります。万一人のボールを売ってしまった場合、誤球として2打罰のペナルティーを受けることになりますので、誤球防止はスコアを落とさないための予防策としても有効です。

ボールを見つけやすくロストしにくい

2019年のルール改正でボールを探せる時間が5分から3分に短縮されました。打球がこの間に見つけられない場合は、ロストボールとして扱い1打加えてプレーになります、ボールの見つけやすさもスコアを落とさないためポイントです、

探す時間が短くなりスロープレー防止になる

上記とも関連しますが、ボールを探す時間が減るとスムーズにプレーできます。スコアがいい時はプレーのリズムも良い場合が多いです。またスロープレーになれば、後ろの組から注目を浴びたり、コース係員から急ぐように急かされますので、真理的にもプレッシャーを受けます。

色がもつ真理効果を利用できる

過去にブリヂストンがボールの色について研究をしたことがあります。それぞれの色がもつ真理的効果がありますので、カラーボールで真理的なアドバンテージを手に入れることでスコアアップが期待できます。

ブリヂストンスポーツ株式会社ニュースリリースより

赤色と緑色が見つけやすい理由

なぜ、赤と緑が見つけやすいのか考えてみました。色の組み合わせや人工的かどうかという要素が見つけやすい理由として考えられます。

赤が見つけやすい理由

赤色は緑色の補色です。ですから緑色と組み合わせると非常に目立ちます。クリスマスツリーなどがいい例ですね。また、先ほども少し書きましたが、ペナルティ杭など遠くからでも見えるような目印にも使ってあり、認識しやすい色だと言えます。

緑が見つけやすい理由

ゴルフ場は緑でいっぱいです。しかし、同じ緑でも最大の違いはゴルフボールの緑色が人工的に作られた色で、芝の緑色と同化しにくいというとことです。特に日光にあたっときの発色が芝とは明らかに違いますのでかえって目立ちます。

カラーボールもメーカーから様々な色が出ていますが、黒、迷彩柄はとても見にくくスコアを出しに行くラウンドではオススメしません。金色のボールもあり目立ちますが、もったいなくてなかなか打てません。

おすすめのカラーボール

タイトリストVG3 マットグリーン

このボールの緑色が一番見やすかったです

それに人と被りやすいタイトリストのボールでこの色はなかなか被らず、一眼で自分のものとわかりやすいのでおすすめです。非常に柔らかい打感です。

ブリヂストン TOUR B JGR マットレッド

知り合いが好んで使っていました 私が使うとボールがかぶるので使っていません

こちらも遠くからでもはっきりわかる鮮やかな色です

一見暗くて見えなくなる不安はありますが、思った以上に遠くからでもよく見えます

おすすめのボールまとめ

いかがでしたか。カラーボールはスコアを落とさないメリットがたくさんあります。仮に100を切る実力を持っている人がボールが無くなったり誤球のため100切れないとしたら、カラーボールを使わない理由はありません。ぜひ一度試してください。他にゴルフアイテムが買えるサイトを別記事で紹介していますのでこちらも合わせてご覧ください。

それではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゴルフ大好き47歳|ゴルフを本格的に始めたきっかけは、ラウンドに行った時のあまりの下手さに衝撃を受けて、ネットでゴルフスクールを探して習い始めました。熊本のブリヂストンゴルフアカデミーで基礎を習い、約3年かかって100ギリを達成。88のスコアを出しました。ブリヂストンのクラブを長年愛用してきましたがミズノのアイアンの打感に惹かれ、アイアンについてはMizuno Pro120を愛用。|趣味のフィッティングが高じてリシャフトが大好になる。三菱ケミカル・ムジークのシャフトを使い今はフジクラで落ち着いています。現在USTマミヤのシャフトに興味津々

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる